ローストダック!

私がこれまで食べた物の中で忘れられないのが、台湾で食べたローストダックです!ローストダック?と言われてピンとこない方もいらっしゃると思いますが、言うなれば北京ダックにお肉が付いたものです。北京ダックはアヒルの皮がはさんでありますが、ローストダックはお肉まで入っているのでとってもジューシーです。
食べた経緯を説明しますと、今から五年ほど前にさかのぼります。旦那と2人で台湾では有名なリージェント台北に宿泊しました。夕食もホテル内で食べようということになり、数あるレストランの中から中華料理のお店をセレクトしました。
中国語はいまいち分からなかったのですが、いくつかのコースの中から真ん中ぐらいのお値段のコースを選択しました。もちろん前菜から出てくるワケですが、終盤に出てきたのがローストダックでした!元々北京ダックが大好きで、日本の中華料理店でもオーダーして食べていました。でも、お店によって値段の割に薄い皮がちょこんと乗っかっているところが多く、残念な思いをしてきました。そして、こちらでいただいたローストダックは格別で、具材は北京ダックと変わりませんでしたが、一口食べた途端今まで食べてきたものとは違いました。食べ応えがあり、お肉の旨味が存分に味わえました。
出来れば死ぬまでにもう一度食べたい一品です。富士登山の現地レンタルについてはこちら