姿勢を正しく マリン 44歳

年齢を感じさせるのは肌、髪、歯などいろいろありますが、私が気を付けているのは姿勢です。
歳を重ねてるとどんどん胸が内側に入り込む感じがします。背中が丸まってくるのです。それを解消するために一つの仕事が終わり次の仕事に移る時に必ず肩を開いて胸を伸ばすようにします。その時に背中と首の位置も正しい位置になっているか確認します。なんだか体が歪んでいるように思える時は壁に背中をつけて真っ直ぐ立っているか確認します。何かに夢中になればなるほど無自覚に姿勢が悪くなります。
また、ウォーキングの時も手のひらと腕が進行方向を向くようにして歩いています。はたからみたら少し変ですが、このような向きで腕を振っていたら胸と肩が開いて姿勢も良くなり肩凝りも治ります。
一番効果があるのはヨガですが、なかなか通えないので自分で気をつける他ありません。
座っている時も腕組みや脚組みはしません。姿勢以外にも感じが悪くみえる事もあり気を付けています。寝ている時も仰向けで寝ることを心がけていますが、起きた時は横向きになってしまってます。体のクセを根本から治すのは難しいです。
姿勢が悪いと肩や腰にも負担がかかり老けてみえる以前に健康に害を及ぼす可能性もあります。
高齢になってからでは遅いので今から体を伸ばして柔らかくしていきたいです。リゼクリニックの割引予約に興味がある方はこちら

年をとらないように気をつけていること!【バズ・40代】

私が年齢に負けずに頑張っていることは、毎日必ずお散歩に行くことです。足腰が弱ってしまうと自分で動くことが難しくなり、おでかけできなくなります。自分の足で外にでれないということだけは避けたいと思い、お天気が悪くてもあいまを見て毎日歩くようにしています。あるときには姿勢も気をつけるようにしています。姿勢が悪いと若々しく見えないし、背骨も曲がってしまい一気にふけてみえるからです。外にでるときは紫外線にも注意しています。uv効果の化粧品でしっかりメイクをした後は手袋や帽子を深々にかぶり紫外線カットをしてくれる薄手の長袖パーカーを着て歩きます。毎日歩くことで体力がついたなと思うようになりました。以前は少し動いただけですぐに疲れてしまうのですが今は夕方になっても疲れなくなりました。そして一番大切にしていることは食べ物に気をつけているところです。緑黄色野菜をたくさんたべるようにこころがけています。食事はになるべく日本食にして健康的なメニューを考えるようにして、具だくさんの味噌汁を作るように心がけています。四季折々の季節の食材をとりいれた食卓を目標に毎日お料理することも年をとらないための大事な作業だと思い毎日頑張っています。病気にならずに健康的な毎日を送れるようにこれからも気をつけていきたいと思います。アリシアクリニック