気の持ちようで、若さを保つ! 【みずほ・35歳】

私が、日々若さを保つために、心がけていることは、自分の年齢を四捨五入せずに、34歳は34歳、35歳は35歳と一日一日を、毎日違う日ととらえて、大切に過ごすことです。
アラフォーと言ってしまうのは、簡単だけど、40歳になるまでは、まだ5年もあるのに、とっても勿体ないなって思います。
毎年、何かテーマや目標を決めて、仕事なら仕事、子育てなら子育てと、意味ある日々を過ごそうと努力しています。
目標を決めて、今月は断捨離や、来月は夏休みなので、子供とおもいっきり夏の思い出を作る等と、ただだらだらと一日を過ごして、年をとってしまわないように、気をつけています。

そう思えるのも、子供の姿を見ているからです。
毎日、いろんな事を、たくさん吸収して、昨日出来なかった事を、今日は出来るようになっていたりと、めざましい進歩を遂げる子供に、毎日同じ一日は無いんだと、教えられました。
そして、そんな日々を過ごすには、まずは体力が必要なので、数駅の利用ならば、電車を利用せずに自転車で移動したり、定期的にヨガに通ったり、エレベーターやエスカレーターではなく、階段を使うようにしたり、日常の中で、体を動かす機会をこまめに意識しています。もっと詳しく知りたい方はこちら